東武浅草駅に歴史に思いを馳せながら

今、上野のクリニックで全身脱毛しているんですが、行き帰りは日比谷線で通ってます。
でも時間のあるときなんかは浅草のほうまで足を延ばしてごはん食べたりしています。そんなときは東武浅草駅を利用します。
浅草って東武線以外にも銀座線、都営浅草線、あと10年ぐらい前からつくばエクスプレスもできました。でもそれぞれの駅は相当離れてます。
今の浅草って昔からの下町というイメージですが、100年ぐらい前は日本最大の歓楽街だったそうです。
東武線の浅草駅以外はみんな地下鉄なので東武浅草駅はデパートといったいになってることもあって目立つ存在なんですが、
もともとはここじゃなく今のとうきょうスカイツリー駅が浅草駅だったってご存知ですか?最初は吾妻橋駅という名前だったそうです。それを明治43年、浅草駅に改称したんだそうです。

じゃあ今の浅草駅はいつできたのか?って思いますよね。今の東武浅草駅は昭和6年に浅草雷門駅という名前で開業したのが始まりだそうです。
当時から浅草といえば六区や花やしきのある方がメインだったと思うので、吾妻橋を浅草と名乗ったのも強引といえば強引ですよね。
だからなんとしても川のこちら側に駅を作りたかったんでしょう。
その後昭和20年になって駅名が今の浅草駅に正式になったそうです。ちなみにこの頃まで浅草ととうきょうスカイツリーのあいだにもう1つ駅があったんだとか。
それが隅田公園駅という駅で、橋を越えたすぐのところだったそうです。今でも跡があるそうですが浅草駅とスカイツリー駅のあいだにもう1つ駅があったなんて今考えると窮屈ですね。
昔は電車も短かったし速度も遅かったからちょうどよかったのかもしれません。

東武はここからさらに上野まで路線を延ばすか、さらに東京駅、新橋まで路線を延ばそうと考えていたそうです。
特に戦後になると浅草は繁華街の座を降りて、新橋や銀座が栄えるようになり、どちらも山手線沿線であることからわかるように渋谷、新宿など山手線エリアが栄えるようになりました。
最初山手線も浅草を経由する予定だったらしいですがそれもなくなり、このままでは発展から取り残されると考えた東武は北千住で日比谷線と連結。
東武浅草は取り残されていったようです。
でも結果、私は東武沿線から上野まで直通で通えてるわけですし。サロンなら沿線にもあるんですがサロンの脱毛は光脱毛なので永久脱毛じゃないんです。
クリニックは医療機関なのでレーザー脱毛ができるのが魅力。レーザーなら永久脱毛ができるからです。はやく全身脱毛を完了してムダ毛処理とおさらばしたいです。

オオムラサキのように美しくなるため

日本に国蝶というのがあるんだそうです。小学校の頃理科で習って「そんなんあるんだ~」ぐらいに思ってたんですが、そのチョウはオオムラサキといいます。
国蝶というからにはレアな昆虫なんだろうなと思っていたんですが北海道から九州まで日本各地にいるそうです。さらには朝鮮半島・中国・台湾北部・ベトナム北部にもいるそうです。
そんなに広い地域に住んでいるのになんで日本の国蝶にしたんでしょう?日本だけに住んでるチョウでもよかったのに、って思います。
あとほとんどの虫ってカブトムシとか外国のと日本ので種類違うのにオオムラサキは同じのが海外にもいるんですね!

ただ日本国内では昔は東京の23区内の雑木林でも見られたそうですが、都会では絶滅しつつあるそうです。
たしかに教科書で見せられたとき、こんな生き物みたことないよって思いました。

関東だと埼玉の嵐山町にオオムラサキの森があって、このとなりの蝶の里公園にいくとみられるかもしれません。
ここは嵐山町が整備した自然保護地で、敷地内に蝶が集まる工夫がなされて約70種の蝶のほかいろんな生物を観察することができます。
最寄り駅は武蔵嵐山という駅です。車なら嵐山バイパスぞいです。駅からは1キロ弱の距離です。森のまわりには小学校、中学校があります。
ここら辺の子は昆虫採集させられるんでしょうか?虫キライだったらいやですね。
オオムラサキの森、蝶の里公園には70種類ぐらいの蝶が見られるんだそうです。時期にもよるので70種全部が同時に見られるわけではありません。
チョウってしょせん虫ですからリアルに見たらキモかったりするんですが、あのカラフルな模様は不思議です。そして美しい女性にもたとえられます。
脱毛したくていい美容の皮膚科を探しているのですが、嵐山付近ではなかなかなくて池袋まで行かないとだめなようです。

武蔵嵐山から池袋まで電車なら1本で、所要時間も1時間なんで十分に通学通勤圏内ですし、脱毛に通うのなんて簡単そうですが、なんと片道720円もかかるんです。
往復1440円はきついですよね。せめて川越か和光あたりにあればいいのに、って思います。
それでもしょっちゅうじゃないですしガマンするしかないのかも。皮膚科の脱毛ならドクターがケアしてくれるので何かあっても安心ですし、医療機関なのでレーザー脱毛ができますし。
レーザー脱毛なら永久脱毛とよべるほどに全身脱毛ができるんです。

女性らしくなるためにエストロゲンを量産します。

美女

 

何でもちらっと小耳にはさいだところによると、

男をひきつけるホルモンというものがあるらしい。

 

そいつの名はエストロゲン…!!

 

ということで、

顔面レベルが中の下のあたしが本当に男を引き寄せられるか

試すためにエストロゲンの増やし方というものを調査してみました!

 

まず一つ目は運動がいいらしいですよ。

週に一回、エアロビクスやジョギングなど

全身を使った有酸素運動を30分以上することが大切みたい。

 

それで、疲れたら6時間は睡眠をとらなきゃいけないみたいね。
良質な睡眠がエストロゲンの分泌を助けるとか何とか。

あー、もちろん食事も重要な要素の一つだよ。

特にたまごがいいらしいのさ。
たまごにはコレステロールが豊富に含まれてるとか何とか。

…コレステロールって聞くとあまり良い印象ないんだけど、
男を引き寄せる効果があるんだったら食べよ♪

あとはゴマも良いんだって。
ただ、普通に食べるだけじゃ効果がなくて、
すりおろして使う必要があるんです。

男を引き寄せるには面倒くさいこともしなくちゃ…!

あとは何かと身体にいい納豆もエストロゲン分泌に一役買ってくれます。

あれ?ちょっと待って。
私、毎日のように納豆を食べてるんだけど…
まったく効果が見られないのはなぜなの?

いや、実はすでにたくさんの人を引き寄せているけど、
気付いていないだけかな。

だって、私みたいにルックスも性格もいい女に
男が夢中にならないわけないもの。

あー、わかった。

聞いたことあるけれど、
魅力のありすぎる女は男が声をかけづらいともいうよね。

序盤の方に「ルックスは中の下あたり」とか
自分で言える謙虚さを私は持ってるんだから、
ドーンと声を掛けてくれればいいのにな。

あー、逆に魅力がありすぎるのも問題なんだね。

じゃあ、これからしばらく納豆を控えたらいいのかな。

運動とかはじめちゃったら、
さらにみんな声をかけずらくなっちゃうもんね…

それはそれで申し訳ない気持ちになるから。

女性らしくなるために…とは言ったものの。
私は女性らしすぎたんだね。

いやー、このことを自覚してなくて
本当に色々な人に迷惑をかけてたかもしれない。

…ここまで開き直れる精神力が欲しいよ本当に。

とりあえず、ネット通販でランニングマシーンを購入したので、
明日から頑張って走っていきたいと思います。

 

永久脱毛状態を手に入れるには?

永久脱毛状態を手に入れるには 永久脱毛には、満足度が求められます。 質の高い脱毛効果を感じられなければ、やがては口こみで広がっていくことになります。 質の高い脱毛効果を感じられれば、当然ながら後々、評判となり広がっていくことになりますよね。 質の高い脱毛にせよ、満足度の低い脱毛にせよそういった口こみが評判につながっていくので、様々な比較対象ができることは消費者としては、より選択肢が広がって良いことです。 ネット上の評判だけではなく、人は総合的に情報を判断するものなので、口こみの類の評判も自然にどこの永久脱毛のサロンにしようかと自然に頭の中の総合的な情報から、脱毛サロンのランキングが できあがります。 永久脱毛は、無毛期間が伸びるような処置することです。 毛には毛周期サイクルがあるので、皮膚から今現在見えている毛だけが全てではないです。毛周期には、休止期という時期もあります。 毛周期は場所によっても違いますし、個人差も大きいです。 脱毛施術にベストなタイミングは、数ミリ生え揃ってきた時期です。 毛周期に合わせ、そういった時期に照射をするということを繰り返してきます。効果の高い時期に照射を繰り返すことで、毛の減少率をより高め、その状態の時期を伸ばす状態を維持する。 この状態をキープする作業が永久脱毛です。 毛周期のベストタイミングと、より効果の高い脱毛施術法を選択することで毛の減少が促進され無毛状態が長期間 キープされるというわけです。 自身の脱毛体験感想は、「痛かった、それもかなり。」が正直なところです。しかしリスク無しで、永久脱毛状態を手に入れたいということは不可能です。痛みで脱毛施術をたった数度で挫折ましたが、永久脱毛の定義は当分の間キープされていました。 施術箇所の脱毛を自分でお手入れすることは、一年間ほど一切ありませんでした。 やっていくうちに慣れていくということは言える程度の痛みとも言えます。はっきりいうと根性論です。根性があれば、やっていくうちに慣れるであろう。という痛みです。根性がなければ、挫折し、痛みを感じることは無くなり楽ですが、そのかわり永久脱毛のスベスベの肌は手に入れられません。

脱毛のメリットと特徴について

ムダ毛処理というのは、とても面倒なものです。 ムダ毛処理というのは、とても面倒なものです。 また、面倒だという以外にも、肌のことを考えるのであれば、ムダ毛処理というのはよくありません。 ムダ毛処理をするときには、毛抜きやカミソリを使っているという人が多いです ですが、これらのものを使ったムダ毛処理方法と言うのは、知らず知らずのうちに肌に負担をかけてしまっていることになるのです。 毛抜きを使っていると、埋没毛を引き起こしてしまう原因となりますし、カミソリの場合は毛と一緒に肌も削ってしまうことになるので、繰り返して使っていると肌が黒ずんできてしまうことがあるのです。 なので、肌のことを考えるのであれば、これらのムダ毛処理方法と言うのはおすすめすることができないものなのです。

その点、脱毛であればこれらのことを気にする必要がありません。 もちろん、肌への負担というのは避けることができない問題なのですが、それでもカミソリなどを使っての処理に比べると、負担をかける回数が少なくて済むのです。 なので、肌が黒ずんでしまうことや、埋没毛を起こしてしまうようなことを気にする必要がありません。 肌のことを考えるのであれば、脱毛を選んだ方がいいのです。

ですが、脱毛を選ぶことになっても、いろいろな脱毛方法が存在するのでどれを選べばいいのかわからないということがあります。 選ぶためには、その脱毛方法がどのようなものであるのかということを知る必要があります。 では、それぞれの脱毛の特徴について紹介します。 エステで受けることが出来る脱毛ですが、これはフラッシュ脱毛と言われているものです。 値段が手頃ということがあり、とても人気がある施術方法です。 他には医療レーザー脱毛と言われているものもあります。これはレーザー使った脱毛方法なのですが、医療機関でしか施術を受けることが出来ないので、安心できるといった特徴があります。 このように、脱毛の施術と言うのはいろいろあるので、特徴を知ったうえで選ぶようにするといいです。

レーザー脱毛を選んだ理由

レーザー脱毛を選んだ理由 私が脱毛を行うことにしたのは、ムダ毛処理にかかる時間を出来るだけ短縮したいと考えるようになったからです。
ムダ毛処理というのは、意外に結構時間がかかってしまったりするものです。仕事が終わって帰って来て、お風呂ではゆっくりしたいところなのにムダ毛処理をしなくてはいけないのですから、それがすごく嫌だったのです。出来るだけお風呂ではゆっくりしたいですし、面倒なことは出来るだけ避けたいと考えていました。そうして、私は脱毛を行うことにしたのです。私が選んだ脱毛方法は、医療機関で受けることが出来るレーザー脱毛でした。
他にも脱毛方法はあったのですが、医療機関で施術を受けることが出来るということもあり、安心して施術を受けることが出来ると思ったので、私は医療レーザー脱毛を行うことにしたのです。
また、施術を受けたことがないので、実際に施術を受けてみると肌にどういうことが起こるのか、といったこともわかりませんでした。なので、もしも肌に何かトラブルが起きるようなことがあっても、医療機関ならすぐに対処してもらうことが出来ると思ったのも、私がこの施術方法を選んだ大きな理由でした。
そして、実際に施術を受けてみたのですが、心配していたようなことが肌に起こることはありませんでした。
ですが、痛みを感じることはあったので、そのときには麻酔をしてもらうことができました。麻酔とはいってもジェルのようになっているタイプのものなので、麻酔が切れるまでは安静にしておかなくてはいけない、というようなこともありませんでした。
ですが、それまでは激しい痛みを感じていた施術が、全然痛みを感じることがなくなったので、その点は本当によかったです。他の施術を行っていたのでは、この麻酔などをしてもらうことはできないので、医療レーザー脱毛で施術を行うことにして良かったと思いました。
そして、繰り返して施術を受けていると、毛が徐々に生えてこないようになり、今では全然毛が気になりません。